お金と仮想通貨と日常

投資の準備


こんばんはnayaです。

よし、投資をはじめよう!って思ってすぐお金を動かせるわけでは無いんですよね。
専用の口座を開設するために身分証明書の提示やマイナンバー登録、審査等等で一週間やそれ以上かかってしまうんです。
仮想通貨みたいな変動が激しくて今!っていうものも多いですしすぐにつかわないけれど資金ができたら、
タイミングが来たらとできるだけ申し込むようにしています。

さて、今年の一月から積み立てNISAというものが始まりましたのでその話をしようと思います。(※こちらの話は元本割れのリスクのある投資です)

投資信託って投資家から集めたお金を専門家が運用方針を基に投資、運用するのもなんですよね。
得られた利益が分配されるわけですが、
運用してもらうのにお金がかかるだけではなくしっかり税金もとられるんですよ。当たり前ですが。
その税金が年間投資額40万円まで期間が20年非課税になりますって言う制度が今回のつみたてNISAと言うものです。

現行のNISAだと株・投資信託・ETF・REITが使えて年間120万円なのですが2023年までですね。
非課税の期間も違いますがもう2018年なので割愛します。
つみたてNISAの場合は投資信託・ETで利用できる商品も限られていますが少額から積み立てられて
比較的安定している商品がラインナップされているということで私はこちらを選びました。

つみたてNISAは総合口座開設の申し込みー講座開設完了ー積み立てNISA口座開設の申し込みー完了という流れになるのですが
総合口座が二日から一週間、積み立てNISA口座の開設に一ヶ月ほどかかってしまうようで私も先日二週間ほどかかる旨の連絡がありました。
始まったばかりということで混んでいて予定より時間がかかるようなので早めに申し込むことをおすすめします。
現行のNISA又は積み立てNISAどちらか一方を一人1口座までもつことができるということで複数の口座はもてないんですよね。

1口座しかもてないので証券会社を選ぶ必要がありますが、
ネットバンキングを利用する、対象商品が豊富、同じ会社の普通口座を持っているということで私はSBI証券をえらんでいます。

楽天証券だと楽天のポイントを投資に使えるようですね。楽天を利用する方は第1候補に上がるのでは無いでしょうか?
さらにつみたてNISAは運用中にどうしても現金が必要になった場合引き出すことができるので良いですね。
売却時に損をする可能性もありますがなにがおこるか分かりませんから。
基本は余剰資金での投資ですけどね。使う予定が無く銀行に眠っているお金をリスクを背負って高い金利を得るというものですし。

こういう元金割れリスクのある商品の目標利益が数%なのにレバレッジをかけているわけではないのに数十%の利益を書いているものって怖いですね。
投資して数年後に見たら少しほくほくできるものととらえて無理な取引はせずゆっくり進めていきたいです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031