お金と仮想通貨と日常

NISA 、つみたてNISAの運用について

基本は株取引や投資信託とかわりませんがこの制度を使う上でルールが追加されています。

非課税投資枠は1年毎に設定されます

非課税投資枠は1年毎に設定されるため、NISAでは毎年120万円まで
つみたてNISAでは40万円まで投資できます。
1年の間であれば分割投資をすることも一括投資することもできます。

運用期間

運用期間はNISAは最長5年、つみたてNISAは最長20年運用することができます。
1年目は買付・売却・運用ができます。
2年目からは運用期間として売却・運用のみできます。

非課税投資枠の再利用

NISA、つみたてNISA共にいつでも払い戻しや売却をすることができますが、売却してもその年の非課税枠は復活しないため
新たに別の金融商品を非課税枠で購入することはできません。

非課税期間が終わったら

NISAの場合5年の非課税期間が終わったら口座内の金融商品を翌年の非課税枠に移す、課税口座に移す、売却するから選べます。

つみたてNISAの場合は課税口座に払い出されます。

NISAで移管した場合

非課税期間が終了し翌年の非課税枠に移管した場合、移管した分だけ非課税枠を使います。
そのため120万円以上を移管した場合、その年の非課税期間を使い切ることになるため新規の投資はできません。

課税口座に移したときの税金について

NISA口座で買った金額より値上がりした状態で課税口座に移した場合取得価格は値上がりした後の金額になります。
NISA口座で購入した額より値段が下がった場合も課税口座に移した時点で下がった金額が取得価格になります。
そのため課税口座に移した後取得価格より値下がりし売却した場合利益が無いため税金がかかりません。
課税口座に移した後取得価格より値上がりし売却した場合取得価格との差額の利益に課税されます。

1年の非課税投資枠の未使用分

1年の非課税投資枠の未使用分は、翌年以降に繰り越せません。
NISAでは120万円、つみたてNISAでは40万円まで投資をしなかった場合でも翌年の非課税投資枠は変化しません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031